kyotodenim-making of a film

 

degi 02 e1388494477135 Women
もっとも美しく
繊細で優美な京都の手仕事
岡山の職人と京都の職人が
手仕事で丁寧に作るため
たくさんは作れなくても
穿く人の笑顔のために
素敵な毎日をおくってほしいから
丁寧に少しずつでも作ります。
世界で1番きれいなジーンズでありたい。そんな京都の職人と岡山、倉敷の縫製技術達の想いを形に京都デニムは日々美しさを求めて制作しています。1点1点京都の手仕事を施すオンリーワンのデニム、季節や気候の変化によって制作の色が変わったりとまさに自然と共に共存する伝統工芸の世界と、四季の歳時記と共に存在しています。
zh denim 23 Women
desaiga some Women
高貴で優美な技
伝統工芸京友禅染め
日本が大切にしてきた文化で
伝統を愛し
おしゃれを楽しむ
本当に素敵な装い
歴史ある伝統的で着物に使用され技術で制作したジーンズ『京都デニム』高貴でありながらどこかしら甘くハッピーな色合いや雰囲気が漂う
Contentstop only Women
somesennryou Women
帯や着物に限らず、身に纏うものは全て
何かしらの色に染められています。
その色は、さまざまな染料によって生みだされておりみずみずです。
顔料と違って、染料は生地の真まで染まり生地や糸に輝きを与えます。
染料で染められた色は、すべて美しい。
その地域の気候によっても発色が違がったり、時代によっても発色が違います。
しかし、自然の恵みから生まれた色は、その時々にじつに人々を魅了し、心の奥深くの感情にまで影響を与えます。
その影響はとても美しく、そして清らかで深いのです。
染料の美しさと共存している清らかな色『京都デニム』。

pick up Women

ロールアップが楽しい
ロールアップすると京小紋染め桜文様がプリントではなく染めでセンスよく施されています。プリントじゃないので洗濯を何回しても剥がれる事がないのが安心と優越感。

pick up003 Women

さりげないウエスト周り
伝統工芸京友禅そめや京小紋染めがさりげなく、ほどよく、ウエスト周りに1点1点手仕事で施されています。顔料等ではなく京友禅染めならではの繊細で美しさが瞳を奪う。

sakororoIMG 1228 e1390378368461 Women
美しい手仕事は
暮らしを美しくしてくれる
日本の美的センス

平面的な柄のデザインではなく、立体的な日本の空間美に沿って制作されている上質なジーンズ『京都デニム』。 日本の奥ゆかしさ、それは例えば茶室や庭園の空間など、目に見えるデザインだけでは無く、長い時の中で培われた日本人の持つ美的センスを表現することで、伝統の持つ洗練された美しさ、卓越した技術が感じられます。 柄の表現のみならず、その技術を支える空間もまた、伝統工芸の美しさです。

s kiritoro IMG 1713 e1388458070981 Women
本物を日常に触れる
多くの人に長く愛されて使用される「モノ作り」は、それらの細やかなディテールの重ね合わせで成り立っています。近年に忘れられがちな、細やかな手仕事、こだわりのあるディテールは日本古来の感性の要素の一つでありそれを暮らしの中で感じられる唯一衣類が『京都デニム』。
donanatoki700 e1388459153148 Women
どんなときも
品よくおしゃれ
素敵で心地いいリラックス
いいもに触れる喜びを
感じてほしいから
高尚な技術や文様も
みじかに全ての大人へ
長い長い時間の中で、人と自然と装いの親密な関係が育み継いできた物語が、今伝統とファッションとして優しく語りかける。

WOMEN COLLECTION

  

桜ロック”sakurarock”

桜の舞い散る四季の歳時記を現代のリズミカルなロック調にデザイン

織鶴”orizuru”

日本の伝統的文様の織鶴をジーンズとしてデザイン仕立てました

月夜”tukiyo”

月の光り輝く満ち欠けを美しいスキニーデニムとして制作。

みやび”miyabi”

日本の美しさ松葉が太陽の光にあたり煌めく輝きをデニムに仕立てました

つつみ”tutumi”

日本人の『つつむー包む』という美意識の心をデザインしたジーンズ

京くみひも”kumihimo”

伝統工芸京くみひもをモチーフに伝統の流れある工芸品をジーンズに仕立てました

波”nami”

伝統的な波文様を立体的に優美に仕立てました

小桜”京友禅染め”

京都デニム1点もの桜の流れるそよ風を京友禅染めで制作、京都デニム1点もの

夜桜”京友禅染め”

京都デニム1もの、夜桜、二重に染め上げられた絶品

KYOTO DENIM MEN

 


さかのぼること450年前、戦国の勇将達が築き上げた安寧秩序が保たれていた時代


独自の感性から生まれた浮世絵に代表される大衆文化が日本全土に旋風を巻き起こしていた。日本のこの優美な芸術作品は、町人はもとより武将や貴族へとどまるところを知らず広まっていった。そして時は現代、歴史は繰り返され、日本のサブカルチャーは世界を惹きつける。では、京都デニムは何故イラストをもちいるか。これつまり「描く」ことは日本人の精神のなせる業である。 samen 01 Men ・ネオ・ジャポニズム 19世紀、無限ともいえるほど芳醇(ほうじゅん)な日本芸術に西洋人は衝撃をうける。故に、ヨーロッパ中をジャポニズムが席巻したことは必然であったのだ。それらは海を渡り西洋美術に多大なる影響をもたらし、アールヌーボ・リバティアートの祖となった。アンドリュー・テュアーは後に日本の型紙について「目がくらむばかりの多様なくみあわせと意表をつくほどの豊かな工夫を凝らした印刷物」と述べている。今再び世界は他国にみられない日本文化に魅了され、新たなブームが生じている。日本の芸術文化には感性につよく訴えるなにかがここにこめられているためである。 samenmen Men ・サブカルチャーの源流 日常を魅力的に彩るものとしてサブカルチャー(大衆文化)は徳川の時代に栄華を極める。「能」や「浮世絵」や「歌舞伎」はその種のものであり、現代日本ではイラストがそれに類する。江戸の大衆文化はイラストマンガに代表される現代サブカルチャーへと発展を遂げたのだ。イラストにみられる単純化、平面性、色彩装飾は浮世絵をまさしく想起させるものである。 しかして、現代のサブカル文化の源流はどこであったかはもう述べるまでもないはずだ。 ・「もの」の愛で方 金地の扇の実に見事な図案を屏風一面に彩った俵屋宗達の『扇面散貼付屏風』 扇子や陶器は実用するのみでなく襖や屏風に描いて愛でる対象にあった。江戸の人々は極めてマニアックに趣味性の高い逸品を堪能していたことがうかがいしれる。四方を海にかこまれているこの土壌は日本人のこのような独特な感性を培い、日本の風土は洗練された意匠を生み出したのだ。 ・伝統的イラストの軌跡 こうして、京都デニムが日々の装いにかかせないデニムをイラストとして「描き」、芸術に昇華させたことは自然の理であろう。将に日本人の血に脈々と流れる日本の美学を体現し、なおかつ進歩させたものである。 しかし唯一つ、遥か昔から伝承されたデザインの系譜のなかで変わらぬものがある。それは、ものを美しいと思う“こころ”だ。その精神を大切にしながら、今の世にしかありえない感性で現代の装飾を生み出し、創作していく。こうして我々日本人が歩み続けてきた永久とも紛う、果てない「伝統と継承」という道のりで我々京都デニムは新たな局面を迎えていくのだ。

日本の最強の武具をまとった戦士が戦い抜いた先………

続きはスペシャルサイトで

京都デニムメンズスペシャルサイト
odenimmen Men

 

ダイナミックな躍動感
-The strongest soldier-
日本最高のデザインでたかぶる毎日の高揚感
サイドを力づよく守り抜く鎧のサイドフェイス
ももから裾まで一気に突き抜ける力強く硬質感のある引き締まったスタイル
そのすべてダイナミックな最高の毎日へと誘う
sa6945 Men
sssss 4508 Men

最強で圧倒的
The Age of Civil Wars

 

将軍や武将達がみにまといし最強の素材、伝統工芸京くみひも 戦国時代の本物の素材が今、リアルクローズによみがえる
Made in Japanの鼓動
desaiga men Men
日本衣装ポテンシャルを
現代流に昇華させたジーンズ
MEN-CONCEPT
唐の影響から脱し、和服の出来たこの時代 真の日本服飾文化は初めて幕を開ける。 戦国時代に生まれた華やかな衣装や精神の数々は やがて簡略化の道を辿る事になるのだが 江戸時代に移ると、その時々の流行に合わせ 非常に華美なものへと発展していく 明治・大正時代になると西欧の影響で洋服が瞬く間に広まり始める 人々は日本の伝統技法や武具や工芸品とは逆の機械化による 西欧文化の大量生産が可能になった衣服を身にまとうことになる もしも 急激な西欧化に飲まれる事が無く 「日本衣装や工芸や精神」が進化を遂げたとするなら そんな仮想アイテムをスマートに具体化 それが京都デニムメンズ「勇将の美」

京都メンズデニムの全て通販はこちら↓↓↓

tokotonn e1390378937854 Design degi e1392177578408 Design

上質と洗練

日本の最も美しいジーンズ

ー美しいシルエットー “KYOTO DENIM”

日本の人ためのジーンズとして、京都デニムが誕生後、常に女性の求める和の美しさを追求し進化しています。凛として整然と、ホンモノの美しさ。自由で、さらりと伝統工芸と着る事の楽しいさ。

  1. コットンは最高級のマダガスカルコットンを使用し肌触りはシルクのような上質感に。
  2. ヒップや腰回りにはちらりと見える伝統工芸京友禅染めが愛着の大切なポイントです。
  3. 穿くだけで、小尻にし脚を長く、細く見せる京都デニム オリジナルのカッテイング・パターンが、あなたの印象をメイクします。
  4. 和のデザインを立体的にパーターニングし。モモは細く、ヒザ位置を高く魅せ、ヒザ下を長く見せる随所に伝統ある和のデザインと巧みの伝統工芸が上質に演出します。
  5. ウエストに立体的にフィットするカーブベルト仕様が、腰回りにフィットし、 高いフィット感と安心感や腰浮きしない安心感をメイクします。
  6. 全てのラインにテーマがありバックサイドのデザインやポケットデザインが、ヒップを立体的、且つコンパクトに魅せる、どことなく伝統を感じながらも洗練されたデザインでバランスの良い配置で設計されています。
  7. オリジナルの最高級桜ボタンや小桜リベット、繊細な上質な糸で、こだわりのあるひとつひとつのディテールからも伝わる 最高級な上質感。

脚を通し、穿くたびに最高の質を実感でき、ラクで気持ちいい肌ざわりと美脚をメイクするパーフェクト 京都デニムの美しいラインナップの誕生です。 (以下シルエット・バリエーション)

  •  ストレート
  • 股上深めスリムストレート
  • 股上深めスリムストレート
  • スキニー
  • 股上深めスキニー
愛される和のデザイン、気取らず上品「京の手仕事、肌触り、フィット&シルエット、色合い、風合い、技術など」全てがそろうジーンズ、その確かなフォルムを創りだす縫製技術と歴史とともに継承してきた職人の技
menka Design
毎日のために
素敵で高級な綿花
長くつきあえる
軽く驚くほどの
しなやか

綿(生地)は非常に色んな種類があり原産国が違えば綿花の質も様々です。安価なものもあれば高価なものもあり、質がいいものもあれば、質の悪いものもあります。京都デニムでは、最高品質の高級綿を使用します。 高級で上質な綿にこだわるのは、着物の発祥からの物の考え長くつきあえるモノ作りの発想だからです。そして着物のような肌触りに少しでも近づけたく出来るだけ原綿の長さが長く細いものを選んでいます。(俗に言う高級綿)そして染色の浸透率と染色をよりよく反映させるものが良質な綿だからです。京都デニムは最高のしなやかな穿き心地を実現させてくれます。スピード社会での安さ重視でモノを造形することも重要ですが、質を追求して履く人が最大限に満足するモノ作りも重要だと考えています。

denim 0 Design

   


DESIGNER

 
kuwayama Design

京都生まれ京都育ちのデザイナー桑山豊章。大阪芸術大学工芸学科でテキスタイルデザインを学んだ後京都にて職人とともに着物の染色加工、デザインをはじめる。斬新な意匠の作品を数々生み出し、京都にて日本の伝統デザインを活かした作品で話題を呼ぶようになる。デニム素材との出会いより染色研究を重ね約5年、2008年『京都デニム-Kyoto Denim-』を発表。私は先祖代々、職人と共にモノづくりをしてきた家系で育ちました。幼少の頃から職人の技術や手仕事に興味を持ち始め、手仕事でしか生みだせないモノの味わいや深み、あたたかさを愛着をもって大切にしてきました。スクラップ&ビルド(使い捨て)の時代からリサイクル文化へと変り、これからは自分らしさの世の中になっていきます。良いものを大切に使い続ける日本人の根底にある心を、世界中へ発信していきたいと考えています。

   


 
desaiga Design
日本の美しさ
妥協する事のないデザイン

京都デニムでは、和のデザインを最大限に生かしつつ 最高のフォルムを導き出す作業を日々行なっています 穿く人が美しく、そして穿き心地がよく伝統を感じるフォルムを考えています。 人が身につけるものだからこそ愛着をもって長くつきあえるデニムの本質と向き合う。 いつのまにか自分の周りの空気のような自然な相棒のような存在になっていく そして人の皮膚みたいなジーンズと伝統的日本の美しさを追求しデザインを制作しています。

nuu Design
ステッチは
心地いいキレイな色
京都デニムでは他のジーンズメーカーでは意外に注目されない部分ではありますが非常に大切なステッチの色にもこだわりがあります『ジーンズ全体を着飾るステッチの色』インディゴの深いブルーが特徴のジーンズは、通常オレンジや茶色の様な糸で縫われることが多いですが、染色をして色染をすることを考えるため各シルエットデザインごとに、デザイナーの桑山豊章が何百色とある、糸の中からシルエットごとシーズンごとに配色を指定します。インディゴの深いブルーの状態でも美しく、染め色やシルエットともマッチする配色を心がけ、糸の色目にも京都の街並みや伝統的な日本モノづくりの思考を巡らせながら考えていきます。
jyukure Design
京都デニムの型がたくさんないのには理由がありました
日本の伝統的文様やデザインを生かしつつシルエットを作り出す、岡山の製造工場と納得いくまで何本も何本も試作を縫い、その中の納得のいく最高の1本が製品になるからです。その最高の1本は1200年の歴史的風土のデザインがあり製品まで1年以上かけて制作されています。
desaiga 01 Design
まさに芸術的な縫製技術
Japan Hight Quality
一般的縫製とは別にその上を上回る最高の縫製技術があります。 それは芸術的な縫製技術レベルです。 京都デニムの縫製はまさに芸術的技術のレベルです。 縫製技術者の経験・勘・技術力が、クオリティの高い製品を作り上げていき芸術の世界にまでの製品にします。。 ジーンズの顔である「腰回り」「小股」「後ろポケット」などは、縫製を見ればジーンズの善し悪しが分かると言われるほど重要な部分です。 丁寧に縫うだけでなく、技術力だけではカバーできない縫い手のセンスや拘りそして何よりジーンズ全体を想像して創る想いが作品に現れHight Qualitな京都デニムができます。
staill Design
もっともきれいな
フォルム
京都デニムのフォルムは穿く人を自由に導き、生活を素敵にし、女性の曲線美を確実にキレイに魅せます。数々の細やか技術や拘りや日本の伝統的なデザインがもたらす影響は人体のフォルムをより美しくみせる皮膚となるジーンズになります。『綿花』『ステッチ』『色』『芸術』『縫製』『デザイン』『パターン』『パーツ』どれ一つ妥協せずセンスよく創ったジーンズになせる最高のフォルム。

フォルム美しくするパーツ

boton Design
桜ボタン
SAKURA
シンプルで日本らしく毎日をセンスよく彩る最高級のボタン。
jipo Design
2色使いのジッパー
ELEGANT
穿くとき脱ぐときのストーリーもエレガントに演出してくれる高級ジッパー。

 

krogogo1 Tradition kyoukasyo01 Tradition
本物がゆえ教科書に
継承、伝承
後世に残る本物
後世の人々に残す想い
伝統を現代にただ柄を描くのではなく、着物に使用される高度な伝統的技術を使用したジーンズ 1点1点職人とデザイナーによって制作されるデニムは 着物が全盛期である時代のものづくりに基づいて制作されています。 量産生産と効率化の時代とは違い、1つを大切に。 1点1点に想いを 長く愛用できる最高のモノに。 「時代に問いかける素晴らしきジーンズ」を伝える シルエットから部材まで徹底的に妥協せず制作された京都デニム 今の時代に古き良き伝統を見直す良いものづくり
desaigasanporu Tradition
本物の技術は
豊かで確かなモノ創る
華やかな歴史が
日本の感受性を磨いて
シンプルと上質を両立させた
本物の着物の伝統技法で制作された、本物はブランドだけのジーンズと全く違います。 ファッションとうい物事の観点だけのモノ作りではない、おくゆかしい文化的要素が詰まっているからです。 そんな本物の技術は、人の感性を刺激し感受性を広げライフスタイルを豊かにしてきました。

 
hake 002 Tradition
 
 

京都の着物は染め・手描きの染料を使った柄付に始まり、多くの精巧な伝統工芸を使用して制作されます。この長い歴史が培った伝統的技法を後世に伝えていく事も、京都デニムの目標です。ここ近年の着物離れにより、職人達は技術の継承が非常に難しくなりました。大学などで染色技術を学んだ若い学生達も、プリント技術の発展に伴い、古典的で味のある表現よりも、生産性やスピードを求められる職場に置かれる事で、折 角の技術や風合いを生かせずにいるのが現状です。京都デニムは、現代のライフスタイルの中で、今一度京都の伝統を見直してもらう為に、その伝統工芸を、『デニム』という身近なテキスタイルで継承しようと いう試みです。
take Tradition
はるか昔からつづく
京小紋の技
京小紋は約1200年前に始まったとされています。その頃に基本の型紙が作られたそうです。 やがて様々な絹織物が室町時代、応仁の乱の後に生産されました。 それに伴い、染色職人の職人町が生れるなど、京都堀川を中心に徐々に発展していく京小紋。 戦国時代の上杉謙信や徳川家康も京小紋の技術を施した小紋を身に付けたらしく、その人気の高さがうかがえます。 江戸時代に入ると、武士は正装として小紋を染め上げた麻裃を、町人は粋な感覚で小紋を着こなしました。 かくして、しゃれた衣装として流行する小紋。その時代の技が今も『京都デニム』では受け継がれています
katagami Tradition
今も変わらず
丁寧に型を彫る
ロールアップや
お誂えの京友禅染め
昔ながらのモノ作り

京都デニムは京小紋の歴史、技術、そして文化を継承しています。 その継承した技術は全ての人に愛されるモノに進化していきます。 お客様の別注品の京友禅染めをする前の型を彫ったり、 ロールアップすると京小紋染めの桜が出てくる京小紋染めの型を彫ったり、 愛され続ける京都デニムをつなぐ技術と想い。

someew Tradition
伝統工芸京友禅を
生活の中に
圧巻するほど
繊細で
歴史が作り出した
みずみずしく
美しい色調
ウエスト周りや、ヒップのポケットやロールアップと随所にセンスよく施されている伝統の技が全体のシルエットをより美しくひきたててくれます。本物の技からうまれる飽きることのない色調はまさに宝石のいきにまで達します。
some Tradition
1点1点丹精こめて
時間をかけて染めます
別染めや重ね染め
透き通るような
優しく
美しい色
着物の染め直しや重ね染めのように京都デニムではジーンズの別染めも賜っています。 美しい風合い、穿き込んだあとに染め直しした独特の美しさを楽しんでもらい、 着物のように京都デニムを長く愛用していただくために、 *お使いになって色が変わったり褪せたりして染め直しご考えの時はご一報下さい。

 

 

京都デニム制作動画

 

 

desaiga 098 Tradition
京都の風土で培われた
歴史ある工芸の世界
ーKyotoDenim Fieldworkー
京都は日本の歴史が育んだ”美”の最大の集積地。 仏像や障壁画などを保持する社寺ばかりでなく、 古都を彩る祭礼や 人々が暮らす町屋など、 どこを見ても今なお生きている”美” がこの町にあふれています。 京都デニムの制作は書物や 映像で”美” について研究し表現するのではなく 現場に出向いて、じかに”美”と対面するフィールドワークも重視して 制作、研究しています。京都を代表する染色工場、機元、 寺院を巡り、京の”美”と出会うフィールドワークで京都デニムは制作されています。
京都デニムの芸術とはコミュニケーション

芸術とはイマジネーションをコミュニケーションしようとする心から始まります。 夏と冬ほどの相容れない個性が絶妙なハーモニーを奏でることで成立するのが芸術です。 京都(古都)の歴史や技術と現代のデニムコラボレーション美学。掛け合わせ追求することで新たな美を創造できます。

 


 

1200年の歴史
toradede 045 Tradition

歴史ある京都の地でロマンあふれる物語が数多くあります。時には歴史上の出来事の舞台となり、時には素晴らしい文化の発祥地として、数々のドラマが生み出され日本の歴史を変える地域でもありました。それはまさに日本の中心の歴史発信拠点だからです。
着物を世界
toradede 01 Tradition

優美で格調高い着物は日本が世界に誇る、世界中から憧れと羨望を持って迎い入れられる、最も美しい民族衣装。素晴らしいの日本の歴史はイマに築く伝統があり、世界に評価が高いのはその卓越された技術の集大成で美術、工芸の世界と深く関わりがあるからです。
職人の技
toradede 02 Tradition

日本が誇る職人の技の中でも京都の職人工芸、美術は世界に誇る最上級のモノづくりの職人の聖地でもあります。職人は一つの事を突き詰め深く掘り下げ考え、熟練の技で人々の生活を豊かにするモノ作りをしてきました。今も変わらぬ匠の技は職人の心が形になってきた物です

日本の伝統文様
monnyou Tradition

日本には世界に誇れる最高級のの文様が数多く存在しています、江戸時代から戦前までは特に外国人の来日者が日本型紙や浮絵を高値で買っていった記述すら多くあり、海外のアールヌーボーですら日本の文様を使用するぐらいですから日本文様は今も昔も世界の最先端にいました。

京都デニム直営店

京都デニム直営店

京都府京都市下京区小稲荷町79-3-104

お問い合わせ

☎075ー352ー1053
kyoto@kyoto-denim.jp

最寄りの駅

東海道線・地下鉄烏丸線ー京都駅から徒歩5分
新幹線・近鉄線京都駅から徒歩10分 京阪線七条駅から徒歩7分

営業時間

10:00 – 20:00 (年中無休)

通販

Isa MG 2795 Shop
ふらりと見つけた素敵な大人のジーンズ
High Quality Jeans
最高の穿き心地を堪能できる京都随一のショップ
種類もシルエットもサイズも豊富に揃う
数あるジーンズの中から
好みの伝統ある色柄を見つけるのが楽しくなる。

IsaMG 3012 Shop
来店予約しますと

専門のコーディネーターが

商品選びのお手伝い

自分好みの
色柄で世界で1本の
素敵なジーンズを選びます。
別注を注文したいお方もコーディネータが職人と相談してアフターケアーからお客様のご要望は細かくご相談にのります。

京都デニムのフルラインアップが揃い世界で1本のデニムが作れる直営店

実店舗は混雑している事がございます。別注をご注文・ご相談される方は事前にお電話かメールでご予約いただきますと
専門のコーディネーターがお誂えのお手伝いをいたします。

fot 02 Shop

075-352-1053

kyoto@kyoto-denim.jp


yuzen 03 Shop

京都デニム直営店ではオリジナルの柄を作ったり自分の好みの色にジーンズを染めたり着物の染色技術を使用してさまざまな事が出来ます

  • 伝統工芸京友禅染め
  • 京染め
  • ロールアップ京小紋染め
  • 家紋入れ
  • ジーンズ染め直し
  • ジーンズ重ね染め
  • ジーンズにオリジナル柄
  • ジーンズのビンテージ

加工目安金額表

ベースの京都デニムに加工が出来るサービスです

下記の金額はあくまでも目安です。(税抜き金額)

友禅柄入れ(何十種類の中から柄を選びます) 家紋入れ ジーンズ製品染め ジーンズビンテージ加工 友禅オリジナル柄、型制作代(加工代は含まれていません)
+15,000円〜 +8,000円〜 +7,000円〜 +15,000円〜 +8,000円〜
色柄、彩色により金額変動 家紋の複雑さ、入れる場所により金額変動 染め色やサイズジーンズの重さにより金額変動 ビンテージこすり箇所により金額変動 オリジナルの文様の大きさ複雑さデザイン代、型代が金額変動
注意:あくまでも目安です 注意:あくまでも目安です 注意:あくまでも目安です 注意:あくまでも目安です 注意:あくまでも目安です
納期2週間〜 納期2週間〜 納期2週間〜 納期3週間〜 柄、型作成には友禅彩色加工代は含まれていません。柄、型作成代+友禅柄入れ代で完成できます

日本初のサービス

長く愛用してほしいから

京都デニムではお買い求め後

数年経ってから友禅柄入れや

染め直し等も出来ます。


 

店頭でもメールや電話でも加工やアフターケアーを賜ります

 


 

実店舗以外のにも

24時間お買い物が出来る(サイズの合わないときは返品可能)

京都デニム公式直営オンラインストアをご利用ください。

▶▶京都デニムOnline Store

bnr mobile Shop