京都デニム抜染

京友禅染めとは

京友禅染めは、職人が1点ずつ筆で色を染め入れる技法です。デニムの糸自体が染料で染まるため、プリントとは違い洗濯しても鮮やかな柄や色が剥がれ落ちることはありません。製品になった後からでも染めることが可能です。

手仕事で製作するため、ご希望のデザインを1点からご注文いただけます。

京都デニム 京友禅染め

ジーンズ 枝梅文様

京都デニム 京友禅染め

ジーンズ 桜ちどり

京都デニム 京友禅染め

デニムマスク 桜

京都デニム京友禅染め

デニムのぬいぐるみ


 

着物の技と文化を残して

京都デニムでは 本来着物に施す「京友禅染め」の技法を応用して、デニム生地に色付けをしています。

京都デニム 色挿し

生地によって水分の吸収やぼけ具合が違うため、その生地にあった方法で1点ずつ色を挿します。

京都デニム 色挿し

やさしい色使いやグラデーションは、手仕事の染色特有の風合いです。

京都デニム 色挿し(ジーンズに施した桜模様の京友禅染め)

ちらりと見える腰回りの京友禅染めは、着物の襟元からさりげなくのぞく半襟をイメージしています。柄やお色みによって表情・季節感も変わります。

京都デニム 色挿し

日本人特有の感性で生まれた、伝統的な色や柄の魅力を現代に伝えるため 素材やカタチを変えて表現しています。

京都デニム 色挿し