京都デニムであるべきこと

FCDE_03

京都の伝統的技法と歴史の継承

京都の着物は染め・手描きの染料を使った柄付に始まり、多くの精巧な伝統工芸を使用して制作されます。
この長い歴史が培った伝統的技法を後世に伝えていく事も、京都デニムの目標です。
ここ近年の着物離れにより、職人達は技術の継承が非常に難しくなりました。
プリント技術の発展に伴い、古典的で味のある表現よりも、生産性やスピードを求める職場も多く、大学などで染色技術を学んだ若い学生達も、折角学んだ風合いや味のある表現技術を生かせずにいるのが現状です。
京都デニムは、現代のライフスタイルの中で、今一度京都の伝統を見直してもらう為に、その伝統工芸を、『デニム』という身近なテキスタイルで継承しようという試みです。
京都デニムは、デニム生地に対し、型紙の製作・型引き・友禅染めなど、多くの着物の伝統的技法を使用して製作しています。それに加えてジーンズも、柄ではなく伝統的図案をパターンとして仕立てる事で、伝統の継承を図っています。
着物とは「着る物」で着物です。時代により形が変わっても、技法が正確に使用されていれば、伝統は継承されていきます。
京都デニムとは、単なるデニムブランドではなく、未来の京都で伝統技法を受け継ぐ人々に、着物の染織技法や友禅染の素晴らしさを伝える為の活動でもあります。
京都の『友禅』とは、その染織技法に対する名称であるのですが、非常に残念ながら、近年では、その柄を見て、友禅と呼ぶ人も多くなっています。
友禅は正式には友禅染めといい、水と細かな粒子で構成された染料で絵を描き出す技法の事を指します。
その染料が綿や絹の芯に浸透して発色することで、奥行きのある色を染め出し、また光の当たり方などでも、風合いは様々に変化します。重ねた歳月によって自分の色になる、1000年以上受け継がれてきた素晴らしい技法です。

職人の技

プリントではなく手染め

現代のトレンドとして、日本の伝統的な柄をあしらった商品を見る機会が多くなりました。
それにより沢山の人に、自国の伝統に対する見識が広がっていくのは私たちも非常に喜ばしいのですが、ただ残念な事は、殆どがデザインの簡略化に伴いプリントで生地に柄が載せられていることです。
確かに、ビジネスとして商品流通を考える場合に、早く作り早く売ることで利益の確保を図るのは当然なのですが、「伝統技法」を、柄のみで表現し、工程を含めた伝統の本質を消費者に伝えないまま、モノを売る事に本当の価値はあるのでしょうか。
京都デニムはそこに警鐘を鳴らさずにはいられません。
弊社は、大量生産にもスピード生産にも対応出来ません。
そのかわり、京都の手仕事や着物の染色技術など、伝統に裏付けされた技法で、一点ずつを丹念に製作しており本物の「モノ」の良さを追求し続けています。
何千年もの間、日本の伝統的衣装である着物。その制作に見出される手仕事の技術と芸術の追求。売る為のモノ作りではなく、使用者の満足を主としたモノ作り。京都デニムでは、それらの継承を担っていきます。
着物はそのモノや形の事だけでは無く、使用される技術も併せて「着物」と呼ぶべき存在なのです。
新しい着物の認識を、京都デニムのモノ作りで広く正しく伝えられる事を祈って。

職人と産業

京都デニムの産業への道

将来、京都デニムが京都の産業になれば、日本だけでなく世界的な認知度を得る事が出来、それにより職人の技術継承・雇用の創出・後継者の育成など、今の伝統工芸界が持つ課題の解決に繋がります。
京都という土地が培ってきた日本の伝統的な風合、奥ゆかしさをもつ色や柄の魅力をもう一度再確認し、それらを新しいステージで日の目を当てる事を目標とし ています。その為のアイテムとしてこの「京都デニム」を作りました。着物を含む多くの伝統工芸を「芸術」という枠の中に括ってしまうのではなく、生活の中 でより身近にそれらを感じられる日本を目指す事を、京都より提唱していきたいです。

職人の技

柄だけではなく日本の空間美

先述の通り、現代のライフスタイルに伝統工芸を組み込むべく、京都デニムでは主にジーンズを作成しています。
しかしながら、桑山が作る京都デニムは、柄と技術のみで完結する訳ではなく、生地からの制作に始まり、パターン・シルエットなど、ジーンズの造形自体をゼロから改めて組み立てる事で作り上げています。
そしてなにより京都デニムのデザインの特徴は平面的な柄のデザインではなく、立体的な日本の空間美に沿って制作されているのです。日本の奥ゆかしさ、それ は例えば茶室や庭園の空間など、目に見えるデザインだけでは無く、長い時の中で培われた日本人の持つ美的センスを表現することで、伝統の持つ洗練された美 しさ、卓越した技術が感じられます。
柄の表現のみならず、その技術を支える空間もまた、伝統工芸の美しさです。多くの人に長く愛されて使用される「モノ作り」は、それらの細やかなディテールの重ね合わせで成り立っています。近年に忘れられがちな、日本古来の感性も伝統工芸の要素の一つであると言うことです。