ゆるぎない本物

timthumb-2

ゆるぎない本物

日本の伝統工芸[着物]から生み出されたジーンズ

日本の歴史から生み出された繊細で卓越した職人の手仕事
変わらぬモノを大切にし、変わりゆくモノに対応する

職人の魅力

『和』の源流を求め、四季の歳時記を前に素材と色を選ぶ
日本文化や伝統工芸を知れば知るほど、装う楽しさとは、伝統の装い方に負うところが大きい
自分の感性を信じて、装うアイテムは本物でありたい
自然と調和し、感性を磨き上げてきた品々に新たな想いを託した職人の品

youzende

本物の和

色や柄だけではなく日本の風土や歴史とともに先人が創り上げてきたモノ見る人、持つ人にロマンチックな世界を提供できるモノ、根底にある職人の卓越した技術や想いに裏づけられたモノである

京都デニムの伝統

伝統を身近に

高い技術に裏打ちされた日本の伝統工芸は美しい
時代が変わろうとも不変的な日本の美しさは、現代の生活スタイルの中でも身近に位置づけされる
今日の生活に即した日本のイメージを膨らませ、時代にあった伝統の形を提案する
日本文化の基礎には、情報を共有・継承するという発想があります。
伝統工芸の底流には、脈々と生きづく『美しいモノ』、『本物』を伝えていく《継承》の考えがあります。
京都デニムの熱い想いは、次代を見つめ、伝統工芸に楽しさを引きだしたものです。
伝統に新しい風を奏でることを目指した洗練されたデザイン。
日本の伝統美で上質なもの・こと・時間 を求める人に提案します。

kyotodenim

確かな技術とセンスで日本文化を発信

彩りや姿、季節を愛でる日本人の美的センス、繊細で卓越された職人の手仕事には多大な時間を要します。
日本の文化や歴史を背景に生み出された伝統工芸の価値や魅力は、我国の文化を語る上で重要な役割を担っています。
単に色や柄ではなく感性の視点から見た伝統工芸。モノの裏側に備わった技術や、日本の風土や四季、歴史から色濃く反映している感性にも視点を当てたい。
我国の文化を『職人の魅力 本物の和 伝統を身近に』制作してきたいと思います。

京都型染め

timthumb-1

京都型染め抜染の作業

京都デニムは生地を大切に扱います。
ここでは職人の熟練の技が光る京都デニムの生地に対する抜染をご紹介します。
まずは職人が無地の生地を京都で型染できるサイズに丹精込めて裁断します。
これが京都デニムの第一歩です。
裁断は時間のかかる作業ですが、その時間が美しい京都デニムの造形の始まりです。

takesenn01

ロープ染色によってインディゴ色に染まった糸。そのインディゴ糸と白糸から織られたデニム生地。京都デニムはこのインディゴ色の成分を「抜染」という技術で柄状に抜くことから始まります。
まず、職人が広い染場で1着分の柄生地を糊置きしていきます。もちろん、1枚ずつの手仕事です。次に、高温の蒸気で蒸し糸の芯まで薬剤の糊を柄生地に浸透させ、洗いを経て、仕上げていきます。

takesenn00

抜染後のデニム生地は縫製のために岡山県へ送られます。デニム生地は各パーツに裁断・縫製され、ジーンズとして京都に戻ります。
このジーンズを京都の着物職人の技術で1点ずつ、浸染や京友禅などの色差し作業を施します。こうして店頭に並ぶ仕上がった京都デニムの作品たち。
生地の織りから始まり、店頭にお店に並ぶまでに要する時間は約6ヶ月です。風合いの優れた着心地よい京都デニムを末永くご着用いただければ幸いです。

takesenn03

細分化したパーツの生地は岡山県福山市で型紙を用いて、縫製されます。

takesenn04

京都デニム心臓部分は生地の研究です。
顕微鏡を用いて、繊維と染色を調べ上げ、何度も試作を繰り返し、納得のいく作品に仕上げます。

takesenn06

着物の京小紋の技術をデニム生地に施す卓越し歴史ある手仕事です

takesenn07

伝統が今も息ずく京都の歴史がまた新しいモノを創っていきます

takesenn08

歴史が語りかける着物の技術の進化

takesenn09

今も変わらぬ手仕事のあじ

takesenn10

幾度となく研究されつづけた伝統

takesenn11