職人の技

take Tradition
はるか昔からつづく
京小紋の技
京小紋は約1200年前に始まったとされています。その頃に基本の型紙が作られたそうです。 やがて様々な絹織物が室町時代、応仁の乱の後に生産されました。 それに伴い、染色職人の職人町が生れるなど、京都堀川を中心に徐々に発展していく京小紋。 戦国時代の上杉謙信や徳川家康も京小紋の技術を施した小紋を身に付けたらしく、その人気の高さがうかがえます。 江戸時代に入ると、武士は正装として小紋を染め上げた麻裃を、町人は粋な感覚で小紋を着こなしました。 かくして、しゃれた衣装として流行する小紋。その時代の技が今も『京都デニム』では受け継がれています
katagami Tradition
今も変わらず
丁寧に型を彫る
ロールアップや
お誂えの京友禅染め
昔ながらのモノ作り

京都デニムは京小紋の歴史、技術、そして文化を継承しています。 その継承した技術は全ての人に愛されるモノに進化していきます。 お客様の別注品の京友禅染めをする前の型を彫ったり、 ロールアップすると京小紋染めの桜が出てくる京小紋染めの型を彫ったり、 愛され続ける京都デニムをつなぐ技術と想い。

someew Tradition
伝統工芸京友禅を
生活の中に
圧巻するほど
繊細で
歴史が作り出した
みずみずしく
美しい色調
ウエスト周りや、ヒップのポケットやロールアップと随所にセンスよく施されている伝統の技が全体のシルエットをより美しくひきたててくれます。本物の技からうまれる飽きることのない色調はまさに宝石のいきにまで達します。
some Tradition
1点1点丹精こめて
時間をかけて染めます
別染めや重ね染め
透き通るような
優しく
美しい色
着物の染め直しや重ね染めのように京都デニムではジーンズの別染めも賜っています。 美しい風合い、穿き込んだあとに染め直しした独特の美しさを楽しんでもらい、 着物のように京都デニムを長く愛用していただくために、 *お使いになって色が変わったり褪せたりして染め直しご考えの時はご一報下さい。