京小紋染め | Kyoto Denim

京小紋染め

take Tradition

はるか昔からつづく

京小紋の技

京小紋は約1200年前に始まったとされています。その頃に基本の型紙が作られたそうです。 やがて様々な絹織物が室町時代、応仁の乱の後に生産されました。 それに伴い、染色職人の職人町が生れるなど、京都堀川を中心に徐々に発展していく京小紋。 戦国時代の上杉謙信や徳川家康も京小紋の技術を施した小紋を身に付けたらしく、その人気の高さがうかがえます。 江戸時代に入ると、武士は正装として小紋を染め上げた麻裃を、町人は粋な感覚で小紋を着こなしました。 かくして、しゃれた衣装として流行する小紋。その時代の技が今も『京都デニム』では受け継がれています