京都デニムとは

京都デニムとは

京都デニムの歴史

江戸時代中期、着物の白生地屋商として創業。

その後、京友禅染めや染色をスタートし着物の製造メーカーとして成長しました。

かたちをデニムに変えた現在でも、先代から受け継がれてきたぬくもり感じる職人の手しごとを大切にしています。

デザイナー

kuwayama1
デザイナー Kuwayama Toyoaki

Message

無機質な売り方でいいのか、ただ情報を伝えるだけでいいのか、生産者の思いが、露出と言う世界だけでモノを伝えるのはいいのか、
生産者の気持ちを感じてもらえる
愛着をうむような
使い手がモノに思いをよせて生活が楽しくなるそんな、魔法みたい事は出来るはず。

生活の一部かもしれない、時間の流れの一部かもしれない、それでも、ひととき人とモノは向き合う瞬間がある。
その瞬間を大切にしたい。

時とゆう大きな流れのなかで、人だからこそ見つめたい瞬間、大切な時がうまれ時代が作られている。
モノをとおして、コトに影響し、モノとコトが向き合う時間。
それは、とても美しい瞬間だと思う。

トップページへもどる